総量規制対象外のカードローン審査のコツ!

総量規制対象外のカードローン審査と審査基準のまとめ!

総量規制対象外のカードローン審査に通るために必要な審査基準をまとめました。

ホーム » 総量規制についての口コミ » 総量規制が出来た背景を理解する

総量規制が出来た背景を理解する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

2010年6月18日に貸金業法、出資法、利息制限法が完全施行されたのに伴い、新しく総量規制という概念が導入されました。これは、過去の貸金業者からの借りすぎを是正するために設けられたもので、貸金業者からの借り入れは年収の3分の1以下に制限されます。また、クレジットカードでのショッピング利用は対象外ですが、キャッシングについては総量規制の対象となるので注意が必要です。

 

ただし、総量規制が貸金業者を規制するためのものであることから、銀行などの登録金融機関は対象外となっています。故に、貸金業者からの借り入れで総量規制に引っかかったので、足りない分は銀行で賄えば良いというような考えの人もいるようですが、審査基準の厳しさから言えば銀行の方が厳しいため、思うように賄うことが出来ない方が多いようです。

 

そもそも、総量規制は金融庁が作成した利用を制限させる法律であり、この趣旨に照らし合わせると、容易に貸金業者から借り入れを行うこと自体が自粛すべき行為であると考えられます。実際に、総量規制に引っかかってしまった人の末路は、クレジットカード枠の現金化であったり、ヤミ金の利用など復帰が困難なものばかりです。貸金業者の甘い広告に惑わされず、しっかりとした自己管理が求められます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ